ボトックス注射で悩みを解消【施術箇所や効果等を徹底追求】

施術後の注意点

水着の女性

ダウンタイムを知ろう

ボトックス注射の施術はメスを使用しないので、ダウンタイムは短いです。施術後に痛みが出るケースは少なく、腫れた場合も1週間ほどで落ち着きます。内出血が出ることもありますが、メイクで隠せるので気にしなくても大丈夫です。美容整形の施術によっては入浴なども制限されることがありますが、ボトックス注射の場合は当日から可能です。入浴以外にも、メイクや洗顔、運動も通常通り行なってかまいません。ただしふくらはぎの施術を受けた場合、運動は1週間ほど控えるようにしてください。施術後には力が入りにくくなる場合もあるので、怪我を避けるためにも控えましょう。どの施術箇所にも共通しているのは、施術から約1週間は注入した箇所のマッサージを避けることです。顔に注入した場合はフェイスマッサージ、ふくらはぎに注入した場合は脚のマッサージはしないようにしましょう。施術前のカウンセリングで医師から詳しい指示があるので、きちんと守れば問題ありません。

カバーする方法

個人差がありますが、施術後に腫れや内出血が出ることもあります。顔の場合はメイクでカバーすることができます。それでも心配なら、目尻だったらアイシャドウの色を工夫する、眉間や額は前髪で隠す、鼻下や顎はマスクを着用するなどの方法でカバーできます。ワキの施術を受けた場合は、ノースリーブや袖口が広い服は避けるなどしたら人目にはつきません。ふくらはぎの場合は、長めのパンツやスカートを選んだり、濃い色のストッキングやタイツを履いたりすると良いでしょう。最近ではあざを隠すためのテーピング等も販売されているので、会社で服装やストッキングの色が指定されていて隠せない場合は利用してみてください。長くても1週間程度で治まりますし、肌色のストッキングでもわからない程度の内出血の場合もあります。様子を見ながら対策していくと良いでしょう。

小顔施術後の注意点

エラ部分にボトックスを注入した場合は、食事面にも注意する必要があります。施術後はボトックスによって咬筋の働きを弱めている状態です。そのため、噛む力や回数を必要とする固い食べ物は避けるようにしてください。家族と同じ食事をとる場合、固い食材を避けられないこともあります。そのときには、細かく刻んだり量を減らしたりするなどの工夫をしてみましょう。ほかにも、ガムを噛む習慣がある方は要注意です。なるべくガムは控えて、飴やチョコレートなどに変えてみてください。食事内容によっては再び咬筋が発達してしまうこともあるので、ボトックス効果を長続きさせるためにも、献立や調理方法を工夫するようにしてみましょう。もし悩んだときには、口コミサイトを参考にすることをおすすめします。同じ施術を受けた方の口コミもあるので、どのような工夫をしたかという例が載っていることもあるので、チェックしてみましょう。

Copyright© 2019 ボトックス注射で悩みを解消【施術箇所や効果等を徹底追求】 All Rights Reserved.